マーベロンジェネリックのご紹介

マーベロンは低用量ピルで第3世代と言われる一相性低用量ピルです。
避妊の目的だけではなく、生理不順や生理痛などの月経困難症、卵巣がんの予防、子宮内膜症などの子宮系の病気の改善などにも処方される薬です。
医師の処方により治療目的でつかわれる場合は健康保険の適応となります。
服用方法は月経の1日目から毎日服用し21日間続けた後7日間休薬します。
製品によってはこの休薬時のプラセボの薬がセットになっているものもあります。

マーベロンを飲むことで卵巣から本来分泌される性ホルモンと同じような働きをします。
そのため排卵を防ぐ作用があり妊娠を防ぐのです。
ホルモンバランスの変化によるニキビ発生や体重増加が少なく不正出血を起こしにくいという特徴があります。

目の血管に関する疾患がある人、不正出血のある人、血栓静脈炎・血栓塞栓性障害・脳血管障害の人や既往歴がある人は使用禁忌となっています。
また血栓などの心血管系の副作用の危険があがるため喫煙はしないようにすることが必要です。

マーベロンのジェネリック医薬品で厚生労働省の認可を得ているものにファボワールがあります。
これもマーベロン同様に医師の処方によって使うことができるものになり、主成分が同じであるため効能効果も同じです。
マーベロンはMSDという製薬会社から発売されていますが、ファボワールは富士薬品工業から発売されている薬です。
またインドの大手製薬会社のオルガノンから発売されているノベロンという薬もあります。
これも同主成分、同効能効果の薬ですが、日本の厚生労働省からの認可は得ていません。
アメリカのFDAの承認は受けているので、購入は個人輸入になります。
価格に関してもそれぞれ設定が違うようですので、確認して信用できるところからの購入が重要です。

■こちらもチェック
経口避妊薬マーベロンについて