ピルは避妊以外のこんな治療にも使用

マーベロン(Marvelon)は、人間の体内で合成することができるエストロゲンとプロゲスチンの2つのホルモンが合わさってできている薬です。黄体ホルモンや、卵巣・副腎由来の男性ホルモンを抑える働きがあり、特に黄体ホルモンに対して強く作用します。上記の2つを摂取することで卵巣からの乱視の放出を抑制し、避妊に効果を発揮します。
マーベロンの一番の効能は、この避妊効果ですが、低用量ピルであるマーベロンの治療範囲は避妊だけではありません。月経周期が乱れている際に摂取することで、上記のホルモンが体に作用し、月経周期を調整することができるのです。
また、ニキビを抑制する用途としても利用されています。ニキビは男性ホルモンの作用によって発生しますが、男性ホルモンとして作用するためには、テストステロンと遊離テストステロンがペアで存在する必要があります。このテストステロンと遊離テストステロンのペアに性ホルモン結合蛋白が加わった場合、男性ホルモンの活性を失ってしまうという性質を持ちます。マーベロンはこの性ホルモン結合蛋白と結合しているテストステロンと遊離テストステロンのペアの比率を高めることで、男性ホルモンの活性を低下させ、ニキビの発生を防止する結果を発揮します。
その他のマーベロンの隠れた特徴としては、本来期待している作用と正反対の作用が発揮されてしまうネガティブフィードバックが非常に小さいという点もあります。そのため、症状の悪化を心配すること無く服用をすることが出来ます。
ただし、全く副作用がないというわけでもありませんので、過去に低用量ピルで問題が発生した方や糖尿病などの持病を持っている方は服用が出来ません。