中絶とマーベロンによる避妊と処方箋

中絶とは胎児が母体外で生きられない早い時期に流産させることであり、日本では妊娠中絶手術を受けられる条件が定められています。ちなみに、中絶できる時期は妊娠21週6日までとなっており、妊娠が進んでいる週数によって方法は異なっています。妊娠11週6日までの中絶は手術を採用する病院がほとんどであり、妊娠初期は胎児が小さいので比較的簡単な手術で済みます。手術に適した時期は妊娠6週~9週目までとされており、6週より前は子宮口が開きにくいので手術が難しいですし、10週以降は胎児が大きくなるので手術も大変になります。マーベロンは新しいタイプのピルであり、低用量ながら男性化作用があらわれない避妊薬として注目を集めています。また、この薬には避妊効果があるだけでなく、にきびを改善する効果や生理痛をやわらげる効果もあると言われています。この薬には不正出血や下痢、便秘、体重増加、頭痛などといった副作用が起こることもありますが、少しずつ体が慣れて気にならなくなります。しかし、血栓症などが起きる可能性もあるため、用法・用量をしっかり守って服用するように心がけましょう。ちなみに、マーベロンはホルモンに関わる飲み薬であるため、医師の処方箋がないと購入することができません。海外からの個人輸入を利用すれば、処方箋なしでも安く購入できるため、費用を抑えたいという場合は検討してみると良いでしょう。病院だと1ヵ月分で3000円以上することが多いのですが、個人輸入を利用すれば1000円程度でマーベロンを手に入れることができます。しかし、最初は病院や産婦人科でしっかり検査を受け、処方箋をもらう方が良いでしょう。信頼できる病院で処方箋をもらいたいという場合、インターネットで調べてみるのがオススメです。