低用量ピルによるニキビ治療

思春期の頃にできるニキビとは違い、大人になってから顎の周りなどにできるニキビを、大人ニキビとも呼びます。この大人ニキビができると、ファンデーションでカバーする事が難しい上に、いつも使っている化粧品にすら刺激を感じてしまい、安心して使えなくなってしまう場合もあります。
周期的に、大人ニキビが出易くなる人がります。そのようなタイプの人は、月経が近づくとホルモンの影響を受けて大人ニキビが出てしまいます。その治療法の1つとて、低用量ピルを使用して、ニキビの原因となる黄体ホルモンや、女性の体内でも分泌される男性ホルモンを抑えてニキビをできにくくする方法があります。低用量ピルは、婦人科を受診して処方されます。その際に、処方される代表的な物がマーベロンです。しかし、このマーベロンを服用すると、吐き気や頭痛、月経時に似た不正出血など が起こる場合が多くあるので、事前に医師から説明を受けてから服用すると安心です。また、血栓ができやすい体質の方や、婦人科系の病気の治療中の方は、服用できない場合があります。もちろん、マーベロンは避妊にも効果がある低用量ピルですので、妊娠中の方は服用できません。しかし、今現在は妊娠していなくても、近い将来妊娠を希望する人には、生理周期を整える事も、ニキビ治療の同時に行う事ができます。
ピルは毎日服用しなければ効果は期待できません。もし、1日でも飲み忘れてしまった場合や、数日飲み忘れてしまった場合の対処方法も、処方時に確認しておくと良いです。また、勘違いされている人もいますが、ピルを服用している時には、月経は起こりませんが、月経に似た出血はあります。事前に、医師や薬剤師からの説明を十分に理解した上で、服用しなければなりません。