妊娠しないために利用する薬マーベロンと副作用の膨満感

マーベロンは、妊娠しないために利用する薬です。低用量ピルの避妊薬として利用されています。また、マーベロンには生理痛の緩和や生理不順の解消や卵巣がんの予防や、月経困難症や子宮内膜症を緩和するする働きもあります。
マーベロンは、排卵を抑制し、受精させない作用があります。また、性腺刺激ホルモンの分泌を抑制しますので卵胞の成長を抑えて排卵を起こし難くします。他にも、子宮の頚菅粘液の粘度を高めて子宮への精子の侵入を防いで、妊娠を防止します。排卵して受精した場合は、受精卵が着床し難い状態を保持して妊娠を防ぎます。
マーベロンは、毎日一定の時刻に服用する必要があります。最初に服用する場合は、月経第1日目からになります。それ以降に服用する場合は、他の避妊方法と併用します。
マーベロンの副作用は、下痢や腹痛や便秘や腹部膨満感や胸やけなどがあります。
副作用は、ピルを飲み始めることで体内のホルモンバランスが変化することで起こります。身体が慣れるまで1ヶ月から2ヶ月程度は、頭痛や倦怠感や吐き気や膨満感や軽度の出血などになることがあります。飲み続けることで身体が慣れて軽度の異常状態はおさまっていきますが、膨満感が強い場合は処方した医師に相談しましょう。医師と相談した上で一定期間飲むのをやめて様子を見たり、薬を変えてもらうなどの対応をとると良いでしょう。
また、膨満感の原因は体内にガスや便秘や胃の機能が低下やストレスや睡眠不足や妊娠や胃炎や大腸癌などがありますので、医師に相談しながら体調管理を行うことで問題の発見と解決ができるでしょう。
マーベロンは、過敏性素因や子宮頸癌や異常性出血や脳血管障害や血栓性静脈炎がある場合は使用しない方が良いでしょう。