成分が少量のマーベロンとアロマセラピーでPMS予防

妊娠することのできる女性は一定の周期で、毎月生理がやってきますが、生理に関する悩みが多いことでも知られています。
よく聞かれるものとして、PMSともいわれる月経前症候群という症状が存在します。PMSの特徴として、生理がやってくる数週間前から数日前にかけて、身体のあらゆる部分に不調があらわれるというのがあります。
頭痛や腹痛、便秘や下痢、ニキビなどの肌荒れがひどくなる、体臭、バストの張りや痛み、イライラやうつ状態、集中力の低下や不眠など、驚くほど多くの不調があらわれます。
症状には個人差があり、また全ての人が同じ症状を伴うものではありません。原因としては、ホルモンバランスの変化が挙げられ、几帳面な人やストレスを抱えやすい人などがかかりやすいとされています。
PMSを改善するには、マーベロンのような低用量ピルが用いられます。マーベロンには少量のホルモンが含まれており、このホルモンの作用で、バランスを整え、PMSの症状を緩和させるという仕組みです。
マーベロンはホルモンが少量のピルですから、副作用の心配がとても少ないというメリットを持っています。ごく一部に併用がすすめられない薬が存在しますが、市販の薬と併用する程度では、特に問題が起こらないといわれています。
マーベロンのような薬に頼ると不快感が取り除かれますが、生理は長く付き合っていくものですので、日ごろからアロマセラピーなどを取り入れて、体調管理に努めたいものです。アロマセラピーには精油が使われますが、この精油にはリラックスやリフレッシュ効果があるといわれ、乱れがちなホルモンバランスを調整する効果が期待できます。
アロマセラピーで使われる精油は、ごく少量で効き目があります。