更年期治療にも使われる安いマーベロンの入手方法

マーベロンは避妊用の低用量ピルになります。産婦人科や婦人科系の病院で処方が必要な薬であることから、国内の薬局やドラッグストアでは市販されていません。
病院でマーベロンを処方してもらう際には、1ヶ月分を受け取るとなると、3000円から4500円程度の価格になります。その上に、病院での初診料や検査費用などがかかるため、実際には6000円から8000円程度かかるとされています。
安いマーベロンの入手方法も存在します。インターネット通販を利用して、海外製の薬を購入するという方法です。この方法であれば、検査費などの余計な費用がかかりませんので、安い避妊が可能になります。
また、マーベロンよりも安い、ジェネリック医薬品を購入するのも、おすすめの方法です。ジェネリック医薬品は特許が切れた薬を安く製造することで、安価に販売できる薬になります。価格が安くても、配合されている成分は全く同じですので、薬としての効果は同じです。
避妊用として使われるマーベロンですが、更年期の女性の不快な症状を和らげる働きがあります。更年期とは、閉経を迎える50歳前後の年齢に該当し、卵巣機能の低下が招く、女性ホルモンの低下とともに、身体のバランスを崩すことで知られています。
更年期の症状としては、イライラしたり、不安になる、集中力が続かない、鬱状態になる、身体のほてりや冷えなどがあらわれますが、症状の種類はたくさんあり、また人によってあらわれるものが違いますので、ちょっとした不調程度に片付けられてしまうことがあります。
マーベロンには女性ホルモンが含まれており、その量をコントロールできるため、服用を続けることで更年期の不調を取り除ける場合があります。