避妊目的のマーベロンに貧血改善効果

マーベロンなどの低用量ピルは、避妊目的以外にもさまざまな女性の病気の治療薬として使われており、ひどい生理痛や貧血で医師に相談した場合、子宮等に異常がなければピルの服用を勧められることがあります。マーベロンの飲み方と、その作用についてご紹介しましょう。
低用量ピルには、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)がが含まれますが、黄体ホルモンの種類によって第1世代~第3世代ピルに分類されます。マーベロンは、副作用の少ない第3世代ピルで、1周期中のホルモン濃度が一定な1相性です。マーベロン21は、1シートに実薬が21錠入ったタイプで、21日間飲み続けて7日間休薬し、次のシートを飲み始めます。マーベロ28は、1シートに実薬が21錠と偽薬(プラセボ)が7錠入っており、28日間飲み続けたら、すぐに次のシートに移ります。
避妊目的でマーベロンを服用する場合には、飲み忘れがないように注意します。1日1錠ずつ、同じ時間帯に服用できるように、携帯のアラームをセットしたり、ベッドサイドに置くなど工夫しましょう。
低用量ピルには、月経過多による貧血を改善する効果もあります。ピルに含まれる黄体ホルモンと卵胞ホルモンが、子宮内膜の増殖を抑制して薄く維持します。生理の出血は、子宮内膜が剥がれて排出されたものですので、子宮内膜が薄くなると経血も少なくなります。その結果、貧血が改善されるという仕組みです。
ピル服用中の生理は消退出血と呼ばれ、休薬期間中に起こります。そのため、規則正しく生理が訪れ、生理不順は改善されます。また、子宮内膜が薄くなるので、子宮内膜に含まれて生理痛の原因となるプロスタグランジンが減少し、生理痛も改善されます。
ピルには避妊目的以外にも、貧血や生理不順の改善、生理痛の軽減など、さまざまな副効能があります。